2006年08月19日

サッカー日本代表・イエメン戦について

イエメン戦について、感想としては、
「なんだこのショボイ試合は??」
って感じでした。

また、相変わらず、相手に合わすサッカーに逆戻りしてました

ダイレクトプレーも少なく、ダラダラしたボール回しをしてた。

相手が引いてたから??

そんな言い訳はいりません。

狭いスペースでもワンタッチのダイレクトプレーはできるし、
何よりオフザボールのプレー、特に三人目の動き等連動が少なかった。
そして、前も言ったけど、効果的なミドルシュートが少ない。

オシムも選手起用にもミスがあったと思う。
格下の相手に対してボランチ色が強かったように思う。
まぁ、彼にとって初めての公式戦だったから慎重になったのかもしれない。
ただ個人的に、この試合で小林大悟と長谷部が居ないのにはがっくりきた。

あと、今日のような引いて守られる相手に対して手詰まりの感が合っただけに、
ドリブラーの召集・投入も必要であったと思う。例えば、ガンバの家長とかね。

後、マスコミも悪い。
オシムに変わったら全て変わったみたいな論調はやめるべきだ。

サッカーを知らないマスコミによる根拠のない希望論が、本質である日本の欠点を覆い隠してしまっている。

事実1
オシムは魔法使いではなく人間である。

事実2
監督が代わる事で、急に日本代表が上手くなるということはありえない。

事実3
時間のない中でオシムは将来のために若手を育てている。

これらの事実から、マスコミの論調のように、日本に素晴らしい試合を早急に求めることは不可能である。
これからしばらく時間を置いてオシムと日本代表の評価をしていくべきである。
それから圧倒的にボールを支配して、優雅に相手を切り崩す素晴らしいフットボールを期待すべきである。

ただし、美しいフットボールではなくても、選手が有機的に連動し動くことで、この前のW杯のオランダのような素晴らしいプレスは可能であると思う。

なんにせよ、イエメンに対して勝ったということだけは評価できると思う。
ラベル:日本代表
posted by ジャック at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

最近の気になった事々〜R指定〜

お久しぶりです。

いや〜、しかし、最近の大阪はアホみたいに暑いですわ(^^;)
この前、日中の温度計見たら42℃やって・・。

高熱やんけ

そんなこんなで最近思ったことを書きますが、今回はR指定ですので、よい子の皆さんはご遠慮ください。

では今回のトピックです。

・ダイエット
・サッカー日本代表
・バスケット世界選手権
・スキミング
・読売系列の24時間テレビ



でお送りしたいなと思ってます。


・ダイエット

最近気づけばかなり体が重くなっているので、この夏にやせることを決意しました。

過去に何回かダイエットして成功を収めてきたわけですが(詳しくは過去の日記に書いてます)、
今回は一味違います。

凄いものを教えていただきました。

それは、花王さんのヘルシアウォーターです。

鬼に金棒やね。

また、ダイエットの結果報告は後日します。

・サッカー日本代表

先日、日本代表の試合があり、オシム監督になってから初めての代表試合ということで、注目を集めていたが、
それほどいい試合ではなかった。

まぁ、以前のように相手に合わすサッカーをしていなかった点だけは評価できると思う。

しかし、どの選手も今年のワールドカップを観ていなかったのか、ほぼミドルシュートがなかった。
有効なミドルは小林ダイゴが後半18分くらいに打ったやつくらいかな。
あんなけ、ミドルが有効やったのにね、前のW杯で。

あと、オシムになってから、マスメディアは「走る」「考える」というキーワードを使いすぎ。
ジーコのときもそんなのは重要やったし、ジーコも要求していたやろ。
現に中田英も繰り返し「走る」ことの必要性を強調してたし、なんも今更要求されることではないのに、
右も左もオシムサッカーは「走る」「考える」やって。

そんなん言う前に、日本のマスメディアよ、トルコに行ってジーコに聞いて来い。
ジーコも言うはずやから、
「走る、考える??そんなの当たり前で、僕が監督のときも要求してたよ。馬鹿なマスコミはあたかもオシムだけが求めてるみたいに報道してるけどね。あんなに練習を公開してあげたのに、君たちは何を見てたんだい??」
って逆に質問されるから。

・バスケット世界選手権

もうすぐ始まりまっせ。
バスケの世界選手権が!!しかも日本で!!

これを機会に日本でもバスケがもっとメジャーになって欲しいなと思います。
競技人口的にはサッカーや野球にも負けてないのに、いまいち扱いが小さいねんなぁ・・。

・スキミング

僕はクレジットカードを持たない人なので、関係ないと思っていますが、
スキミング被害の話などを聞いていてびっくりしたことがあります。
それは、最近のスキミングの方法です。

スキミングとは、他人のクレジットカード等の磁気記録情報を不正に読み出してコピーを作成し使用する犯罪行為ですが、
その方法として、僕は、お店とかでカードを店員さんに渡したときに、店の奥でカード情報を読み取る装置を用いてコピーするもんばっかりやと思っていました。

しかし、最近は、満員電車内など人が密集している場所で、財布の入った鞄や上着のポケットにかざすだけで、直接カードに触れる事なく情報をスキミングされるという方法にまで発展しているらしいのです。
こんなんいつでも起こりえますやん!!

対処方法としては、磁気を読み取らせないようなカードがあって、それを財布に一緒に入れておくなどがあるらしいのですが、ホンマに巧妙なものです。
自己を守るための方策はしっかりしておくことが大切なんだなぁ・・と、当たり前のことをしみじみ思いました。

・読売系列の24時間テレビ

この季節になると、そろそろ始まるのが黄色のTシャツを着て募金を募る番組である読売系列の24時間テレビが放送される。

嘘くさい24時間マラソンとかあって番組の質は低いと思うが、
身体障害者をクローズアップしている所は、テレビのタブーに切り込んでいる感じがして、多少偽善くささがあっても、素晴らしいと評価しています。

しかし、僕が気になるのは、この番組は身体障害者を綺麗に見せようとしすぎている意図が見え隠れする点である。

確かに、身体障害者に何かをチャレンジさせたり、不幸な病気を取り上げて社会を啓蒙することも必要であろう。
しかし、それで十分なのだろうか??

僕はNOだと思う。
では何が足りないか??
それは、身体障害者の性の部分である。

僕は、彼らもSEXしたいだろうと思う。
しかし、身体障害者を扱う場合、当たり前かのようにその部分が欠落しているように思えてならない。

僕は不謹慎なことを言っているのだろうか??

僕が24時間テレビのワンコーナーを任せてもらえるなら、
身体障害者の方々を風俗に連れて行くというコーナーをしたいと思う。
もちろん局のお金をふんだんに使って、めっちゃ高級な風俗店に行くつもりだ。
当たり前だが強制的にではなく、任意の希望者を連れて行き、顔がテレビに映るのは嫌だろうから、そこのコーナーはVTRで、しかも顔にモザイクを入れる、など方法は考える。

僕の予想だが、結構希望者はいると思う。

何も身体障害者だけではない。これからの高齢化社会を踏まえ、老人ホームの方々にデリバリーヘルスを頼むコーナーを次の年にやってもよいと思う。

何もふざけているわけではなく、僕は真面目に考えている。

つまり、性に関する部分も人間の人生の一部であり、切り離せない部分であると考えており、
健常者であろうと障害者であろうと、老若男女関係なく性の部分を有していると思うからである。

みんなこの事には納得するであろう。
しかし、いざTVで障害者を扱う時は、どうもその部分に触れないように触れないようにしている傾向を感じるのである。

やっぱ、これって不謹慎なこと言ってるって思われるんかなぁ・・。
posted by ジャック at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

パエリア・ナイト

映画の後にいつもいつもお世話になっている夫妻の家で、
またもやご馳走を頂きました
gopa.jpeg

僕はパエリアが好きなのですが、今回頂いたパエリアは魚介類も豊富やったし本当に美味しかった
スペアリブも柔らくて美味しく、これがまたビールにあいまくりで幸せでした
あといつもながらのトマト料理は豆腐と一緒に食べたのですが、トマトと豆腐と言うかなりヘルシーな組み合わせだったのですが、これも本当にい美味しかった。
早々、枝豆のスープも上品な味で、何杯でも飲めるなと思えるスープも出ました。
最後のデザートはケーキがかなり出たのですが、食べ切れませんでした・・・
だって、それまでにいっぱい食べたんですもの

そんなこんなでかなり楽しい1日でした。
ラベル:パエリア
posted by ジャック at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」を観ました。
pcd.jpg

とても面白かったですよ
ジョニー・デップのはまり役やと思う。
しかも海賊モノ。
ホンマ面白かった。
感想は、
「非常におもしろかった。
海賊モノのシリーズ第2弾の今作は、先の読めない展開、個性豊かな新たなキャラクター、
様々な新しい要素を混乱させることなく、1作目と混ぜ合わせていると思う。
夏休みにうってつけの娯楽作品であると思った。
この作品のすばらしい点はそれぞれのキャラクターの個性がどれもよく主張されているにもかかわらず、
他のキャラの長所を潰していない点である。
それに、途中中だるみの箇所はあるものの、
全体的には素晴らしく心地よいリズムで展開していく物語に、引き込まれることは間違いない。
つまり子供から大人まで楽しく見れる映画であると思う。
次回作品を既に今から楽しみにさせてくれる作品であった。
映画館で1500〜1800円出してもいい映画でした。」


公式サイトはこちらです。
posted by ジャック at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。