2008年05月26日

フィクサー

遅ればせながら「フィクサー」を観ました。
MICHAEL CLAYTON.jpg
感想は、
「誤解を怖れずに言わせて頂くと、面白くない。
観終わった後に何も残らない。
「お前の脳みそのデキが悪いから理解できなかったんだよ。」という批判も甘んじて受けます。
もちろん、社会派の素敵な映画ではある。
しかし、これより面白い映画をすでに知っている。
もちろん、物語の描き方に唸る部分もある。
しかし、これより深みのある映画をすでに知っている。
善悪の境界の曖昧さ、人間性を取り戻す大切さ、自然(野性)の凛とした美しさ。
これらは大事である。
しかし、もっともっと見事にそれらを描いている映画をすでに知っている。
これらの過去の作品を超えられなかった点にこの映画の悲しさがあり、今のハリウッドの現状が滲み出ている象徴的な作品であった。
映画館であれば0〜500円なら観てもよい映画でした。」

って感じでした。

公式サイトはこちらです。
posted by ジャック at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒットマン

遅ればせながら「ヒットマン」を観てきました。
HITMAN.jpg
感想は、
「今までに観たことあるアクション映画そのまま。
ロシア大統領がロシア人にむけた演説でなぜか英語を話すなど、意味不明な部分がある。
アクションが好きな人なら観ても面白いと思いますが、そうでもない人はカッコいいはずの主人公の微妙な内股が気になって仕方ないと思います。
ウクライナ人のオネエチャンのオッパイが観たいなら観たら?的映画。
映画館であれば500円位なら出してもいい映画でした。」

って感じでした。

公式サイトはこちらです。
posted by ジャック at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。