2009年07月05日

崖の上のポニョ DVD

「崖の上のポニョ」のDVDが発売されたので、早速ゲットしました。


ponyo03.jpg

最初のちょっとだけ観ようと思ったのですが、
やっぱね観ちゃうんですよ、最後まで・・。

いやぁ、やっぱ面白いです。

この前テレビでやってた「千と千尋の神隠し」も、
ちょっとだけのつもりで観て、いつの間にやらはしご酒状態でした。

その時に学習したはずなのですが、
ポニョでもやはり最後まで観てしまいました。

海とは陸地に住む我々にとってやはり「異界」なのである
という根本的な、ある意味原始的ともいえる概念を突き付けられます。

「異界」

そもそも海は畏怖の対象であり、未知の世界である。

その畏怖が様々な海のモンスターや海の神様を人間は想像し、創造してきたのである。

海から足を引っ張られたという類の怪談などがあるように、
海には得体の知れない何かがいるという話は多い。

映画ポニョを観てこの映画が何なのか分からない時、
それは、我々が海という異界を理解できないのに通じるものがあるからかもしれない。

映画館で観た時より、2回目なので落ち着いて観たのですが、
それでも映画館で観た初回とは異なる印象もあり、楽しめました。

まだご覧になってない方は是非どうぞ。

映画館で見たときの「崖の上のポニョ」感想はこちら


アメリカでの映画公開のための予告編は
日本とはテイストの異なる予告になっており興味深いです。

日本では主題歌の影響もあり子ども向け作品という印象も強かったのですが、
アメリカ版の予告編は海洋アドベンチャー的な印象を受けます。
編集や音楽でだいぶ印象が異なって見えるのが面白いですね。

どちらにせよ、おそらくまた観たくなりますよ(^〜)
しかし、綺麗な画だなぁ・・。

「崖の上のポニョ」アメリカ版予告
posted by ジャック at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。