2008年06月25日

風の谷のナウシカ

マンガの「風の谷のナウシカ」全7巻を読みました。
Nausicaa of the Valley of Wind.jpg
先日、思わず2003年に出た「ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット トルメキア戦役バージョン」を衝動買いしてしまったからです(^^;)

とても面白かったし、とても深い物語でした。
人間の愚かさや悲しさを希望も交えて描いている様は、さすが宮崎駿という気がしました。
ある意味この作品は宮崎駿の頂点ともいえる作品かもしれません。

映画版のナウシカをご覧になった方は多いと思います。

しかし、意外に知られていないのですが、映画版のナウシカはマンガ版の2巻までの内容でしかないのです。

むしろ、映画版のあとの方が長い作品であるのです。

知らなかった方!!ワクワクしてきたでしょう(^〜)
7巻セット欲しくなってきたでしょう(^^)

映画と違って時間という制約もないため、細かい描写もできますし、映画では出てこなかった色々な人物が出てきて物語に深みがあります。

戦争を描いていますが、ナウシカが可愛くて、カッコよくて、本当に面白かったです。

これを読んだあとまた映画版を観ると違った楽しみがあるかもしれませんね!

最後に有名な伝説を。

その者 青き衣をまといて 金色の野に降り立つべし

失われし大地との絆を むすび ついに人々を 青き清浄の地にみちびかん


読んだことのない方はぜひぜひお勧めします。
posted by ジャック at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。