2008年10月18日

日本対ウズベキスタン

ワールドカップ予選・日本対ウズベキスタンがありました。

これを観戦した感想を書きます。

主題はズバリ
「岡田監督ではアジアレベルで終わる」
というものです。
okada jvsu.jpg
悲しいかな、そういうことです。

日本代表がワールドカップに参加することで満足なら岡田監督で十分でしょう。
しかし、僕は日本代表がワールドカップで勝って欲しいです。
なんなら生きてるうちに日本が優勝するところを見たいと本気で願っています。

正直言いますと、岡田監督がまだテレビで試合の解説をやっていた時の彼のサッカー解説は「なるほどこのような時に監督はこんな事を考えてるのかぁ」と思えることが多々あり、非常に聞いていて面白い解説でした。

もちろん、彼は日本人では有数の監督の一人であるとも思います。

しかし、彼は所詮アジアレベルだと前から思っていましたし、今回の日本対ウズベキスタンを観て改めて感じました。

分かりやすい所でいえば、彼の選手起用に問題があります。
もちろん選手起用に正解などありません。
しかし、確率論や実績論からある程度の妥当性というものもあります。
世界に名だたる監督はこの妥当性を押さえた上で、僕らを驚かすような戦略的スパイスを加えるからこそ名将・智将と称されるのです。

つまり、その妥当性を踏まえていない事を、「敢えて」やるのであれば、結果でその「敢えて」の正当性を証明しなければならないのです。
彼は、この数試合、その正当性をほとんど示せていません。

まず、スタメンについて、
岡田監督は基本フォーメーションに最近の世界的トレンド4−2−3−1を起用しています。
これは良い点だと思います。
しかし、1トップの玉田圭司に対してトップ下が大久保や香川という組み合わせが効果的なのかが疑問なのである(もちろん意図はわからないでもないが・・)。

特に1トップの場合、FWとトップ下の関係性は相互利用補充関係になければならない。

例えば、岡田監督の起用した大久保や香川のようなFWを追い越し相手のバイタルエリアに侵入するようなタイプの選手であるならば、FWはポストプレーのきっちりできる、壁になりうる選手が最適なのである。

逆に、玉田のような、自らのスピードでマークを振り切りゴールを狙うようなFWを1トップにしたいのであれば、トップ下はそのFWを操ることのできるようなキラーパサーを用いることが最適なのである。

しかし、今の岡田人選はちぐはぐなのである。
何回も言うが意図はわからないでもない。
しかし、試合内容から見てもチグハグでしかないように感じる。

また、サブの人選にも首をかしげたくなる。
なぜ、ベンチから巻誠一郎と佐藤寿人との両方を外したのであろうか。
もちろん、岡崎と興梠というフレッシュな選手を入れる判断自体は好ましいものではある。
若手の台頭なくしてボトムアップはありえないからである。

しかし、ワールドカップの予選という大事な試合に、容易に戦力として計算できる巻と佐藤寿人との両選手を同時に外すなどは考えられない。

これ以外にも、岡田監督で世界に勝てない要素は多々あるがそれはまた今度にしよう。

日本はまだ予選で負けていない。
それはいいことである。
少なくとも負けない限り、ワールドカップに出られるからだ。

しかし、今後、世界に飛躍するために、岡田監督でいいのか、われわれは考えなければいけない岐路に立っているのは間違いない。
ラベル:日本代表
posted by ジャック at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。