2008年11月13日

恋するマドリ

映画「恋するマドリ」を観ました。
koisurumadori.jpg
映画の内容もさることながら、
「恋空」の時に新垣結衣のキラメキを感じなくなっていたのだが、

違う作品では新垣結衣の躍動感やキラメキが感じられるか?

ということも注目して観ていました。

結論から言うと今作品では彼女のキラメキが感じられました。
少女と女性との間の微妙な感受性を初々しく演じていました。

ということは・・・

「恋空」を境に彼女の賞味期限が切れたのか?
それとも
年上の役者と絡んだ方が彼女が輝くのか??
それか
「恋空」の監督が下手糞すぎたのか??

なんにせよ、今作品は「恋空」よりの作品であるため、
「恋空」以降の作品が試金石になるのだと思います。
でも・・「フレフレ少女」はあまり観る気がしないんで・・(^^;)
その次の作品を観て決めたいと思います・・・。

時代劇に出ている彼女を観たいなぁ・・。
なんて思っていたら!!!
今知ったのですが、
次回作は時代劇にでるみたいですね!!
次回作は「BALLAD 名もなき恋のうた」みたいです。
これはなんとあの名作

「映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」

のリメイクらいしいのでハードルは高いと思いますが、
楽しみな作品ではあります。
「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」をご覧になってない方は、
ぜひご覧ください。
クレヨンしんちゃんだからと言ってナメるなかれ。
子どもアニメだからといって侮るなかれ。
これは大人も(むしろ、大人の方が・・?)楽しめる作品ですから。


「恋するマドリ」に話を戻しますと、

個人的に今作は思いのほか作品としても楽しめました。
松田龍平がかなり良かったです。
菊地凛子も最初アレ?って思いましたが、途中からこんな感じの役なん
だと思えてきて安定しましたし。

なんじゃそりゃ的なコメディのとこもありますし、
ありきたりなストーリーって感じる方もいるかもしれませんが、

柔らかな雰囲気の映画と映像でしたし、
普遍的モノだから良いよねって思える事もあります。
今作は僕にとってはそれに当てはまりました。

ニッコリしたい方はぜひご覧ください(^〜)

公式サイトはこちらです。
posted by ジャック at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。