2005年04月07日

君に読む物語

映画「君に読む物語」観ました。

book.jpg

感想は、

「僕はこのような外国映画を待っていた。
「このような」とは、無意味に外国に憧れを抱かせてくれる映画のことである。
子どもの頃、外国の映画を観るたびに、外国の文化に憧れたものだ。
それを最近のハリウッド映画などは子ども達に感じさせているのだろうか・・。
子ども達に聞いてみないとその答えは出ないので、
そんな事より今はこの映画について話そうと思う。
この映画は素晴らしい「恋愛」の映画だと思う。
是非は置いといて、若き日の愛のパワーはスゴイものがある。
「愛があれば何もいらない。」
よく聞く常套句である。
単なる無知な若者の言葉とも思える。
しかし、これを継続する事が出来たなら、
それはそれでとても素晴らしい生き方なのではなかろうか。
若き日の一途な思いに敬意を表して、
この映画をお勧めしたいと思う。
中高生の恋人達には特にお勧めやね(^^)」


公式サイトはこちらです。
posted by ジャック at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。