2007年12月21日

天然コケッコー

映画「天然コケッコー」を観ました。
tenkoke01.jpg

山下敦弘監督の作品なので観たのですが、

いやぁ・・

めっちゃ良かったっす!!

くらもちふさこさんの原作マンガは読んだことないのですが、
この映画の脚本は本当に素晴らしいです。

都会と田舎との相違点と共通点の描き方、
主人公を取り巻く様々なキャラの描き分け方、
特に、時の経過と主人公の成長とを素晴らしく表現しています。

もちろん甘酸っぱい思春期がよみがえります。

いやぁ・・体育館の裏とか神社の裏とかって思春期特有の輝きがあるやないですかぁ(●⌒∇⌒●)

主人公を演じた夏帆と岡田将生とが本当に秀逸。

特に夏帆という女優のファンになりました。

夏帆ちゃん可愛い( ´艸`)

脇を固める夏川結衣や佐藤浩市などの演技がより重厚な作品にしている点も見逃せません。

何といっても子どもたちがイキイキしている。

驚くほど綺麗なカットもあり、画的にも良いです。

観たことない人は是非お勧めです。

公式サイトはこちらです。

tenkoke02.jpg
posted by ジャック at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。