2009年07月13日

ドラマ「官僚たちの夏」

ドラマ「官僚たちの夏」が面白い!
kanryou01.jpg

現状を知っている我々からだからこそ、
結果論的見地から当時の模索に熱くされるのだと思う。

しかし、一歩間違えれば過剰な行政国家現象を許す事になり、
彼らのすべてが肯定されるべきではないということも
僕らは既に知っている。


城山三郎の作品が原作らしいです。


城山三郎の作品は読んだことがない。

しかし、このドラマは面白い。
映画のようなキャスティング。
TBSのドラマにしては珍しくクオリティーが高いです。

ただ、現代の我々は答えを知っているからこそ面白いのであり、
感傷に浸っているべきではない。

本当に現代の僕らがしなければいけないのは、
当時の彼らがしたように、
これからの日本(個人)をどうするのか、どうしたいのかという
グランド・デザインやロード・マップを描くことなのである。


公式サイトはこちらです。

kanryou02.jpg
posted by ジャック at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | Drama | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

官僚たちの夏 自動車
Excerpt: 官僚たちの夏改版商品価格:580円レビュー平均:4.29 ドラマ「官僚たちの夏」2回目: 社会人大学生すってんころりんドラマ「官僚たちの夏」2回目. このドラマを見ていると、なんとなく日本という国のこ..
Weblog: youtube動画+新着ニュースblog
Tracked: 2009-07-14 10:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。