2008年05月27日

レーシック

さいきん、レーシックという言葉をよく聞きます。

周りの人でもレーシックをやった人がいます。

しかし、私自身はレーシック手術を行ったことはありません。
目を手術することに対しての抵抗感があるからです。

ただし、眼鏡やコンタクトレンズから解放されることの心境を考えると、レーシックもありかなと思います。

メガネから初めてコンタクトにした時も抵抗感がありました。
眼の中にレンズを入れるってどうなんやろ??
と思っていました。
しかし、一度コンタクトを使用した後の視野の広さ、物理的制約からの解放感は何とも言えないくらい感動しました。

いっぽうで、コンタクトのケアが今度はおっくうになってくるのです。
最悪の場合、コンタクトを付けたまま寝てしまうこともあります。
幸い今のところコンタクトが原因で目の病気などにはなっていませんが、
感染症などの被害は少なくないみたいです。
もちろん、きちんとケアをしていれば病気にはならないのですが、毎日のことなのでおっくうになることは、正直、あるのです。

それを考えると、レーシックをすることの解放感は、はじめてコンタクトをした時のそれに近いものがあるのかもしれないなと思います。

これを機会にレーシックについて考えてみようかなと思いました。
レーシック 厳選クリニック紹介 | My Best Vision

リンクシェア レビュー・アフィリエイト
posted by ジャック at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。