2011年09月24日

ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座

「ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座」
にランチに行ってきました。
image-20110924152036.png

ポール・ボキューズといえば、
言わずと知れたフランスの三ツ星を数十年維持しているシェフで、
個人的には国立新美術館内に日本第1号店が出来て以来行きたかったポール・ボキューズ。

そのポール・ボキューズの銀座で食べました。

感想としては大満足。

お店の雰囲気も窓から見える景色も良く、
落ち着いて食事が出来ました。

お肉料理もビックリするくらい柔らかく、
お話ししながらゆっくり食べて最高。
ソースや添え物によって口の中での風味も変わり、
非常に美味しかったです、
image-20110924152115.png


デザートはクレーム・ブリュレをチョイス。
映画「アメリ」でも有名になったスイーツ。
パリッと割る瞬間が気持ち良く、中はフワフワでまろやか。
image-20110924152134.png

総じて期待以上でした。
今度は日本のポール・ボキューズ総本山こと代官山のポール・ボキューズに
行ってみようと思いました!!

公式サイトはこちらです。
image-20110924152054.png
posted by ジャック at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Food | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

カラフル

夏休みオススメ映画「カラフル」です。
colorful.jpeg

全国の小中高生よ、悩んでいるのは君だけではない!
悩んでいる暇があったならこの作品を観よう!!


君の心の中は何色だい?
君は何色の物が好きだい?
君の好きな人は何色だい?

世の中には色んな色がある。
もちろんその時の環境や年齢や気持ちによって、同じ物でも違った色に見える時もある。
そんな当たり前の事を再認識させてくれる秀作。

監督は、「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ! 戦国大合戦」「河童のクゥと夏休み」の原恵一監督。
もうね、どうにでもしてくれって感じです。
本当に、本当に素晴らしい監督です。

どんな内容か知らずに観たのですが、正直号泣でした。

声の演者もはまっており、鑑賞後に声優を見てその面々に驚きました。
様々な部分の細かい演出が素晴らしい。音楽も良い。
毎度の事ながら、面白い映画は原作や脚本がしっかりしていますね。

人は時に自分の色を他人の色に混ぜなければならない時もあるでしょう。
自分の色を塗り続ける事も大事な時がある。
色は時に曖昧で、自分が何色なのか分からない時もある。

それでもパレットには色々な色がある。

様々な要素が盛り込まれており、
老若男女問わず楽しめる作品であると思います。
ぜひぜひご覧頂きたいお勧めの映画でございます。

公式サイトはこちらです。
colorful03.png
posted by ジャック at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

コクリコ坂から

映画「コクリコ坂から」を観ました。
kokurikozaka01.jpeg

正直、評価が難しい作品でした。

面白くなくはないけど、突き抜けてはいない。

出だしは非常に良かったんです。
グイグイのうち「グイ」くらいは行ったんです。

しかし、全体の演出がダメダメで、音楽の使い方もヘタクソすぎる。

画は非常にきれいで、いつものジブリの表情で、すごく良いんです!!

でも、敢えて言いませんが、何人かの人物の声での演技が駄目すぎて、耳障りが悪い。
その上、上述のように、もう良いよってくらい同じ(様な)音楽が流れて、耳障りが悪い。

正直ですね、恋の部分を描いている所では、なかなかいいなと思うシーンはあったんですよ。

でも、その他の部分の物語の進行及び描き方が下手で、
このシーンやこの話を入れる必要性ある?という疑問を感じざるを得ない所があるんです。

余分なシーンに時間を使っているせいで、肝心の部分の物語を進める時間がない。
その為に主人公達に色々語らせたら駄目ですよ!はっきり言って。

仕草や表情や声色や小道具や気候や音楽や‥...色々表現なんてあるでしょうよ!!

もちろん、あの当時の時代の雰囲気などを知らないからこそ
感じ取れなかった機微もあるでしょう。

でも、物足りなかったのは当時の自体が持つパワーや
希望が感じられなかったんですよ。
変な感じで、単なる昔は良かったね的な映画に感じてしまう所があったんですよ。

そんなに昔は良かったの??

つまらなくない作品ですが、爆発的な作品でもない、
映画館でなら大目に見て500〜1000円くらいなら観ても良い作品でした。

公式サイトはこちらです。
kokurikozaka02.png
posted by ジャック at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月07日

塔の上のラプンツェル

映画「塔の上のラプンツェル」を観ました。
Tangled01.png

めちゃめちゃ面白かったです!!

エンターテイメントのすべてがこの映画には詰まっております!!

歌も音楽も良くて、思わずサウンドトラック買っちゃいましたよ!!

映像も本当にきれい( ´艸`)
あのシーンは映画館で3Dで観たかった。。。

ディズニー映画が好きなら、何も言わずに観る事をお勧めします。
ディズニー映画が苦手な人も、騙されたと思って1度観てみてください!!

僕らにはみんな夢がある。
夢が叶ったり、夢をなくした時、我々はどうしたら良いのだろうか??
その答えの1つがこの作品には描かれています!

本当にオススメ映画です!

公式サイトはこちらです。
posted by ジャック at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

お台場合衆国2011

少し前になりますがお台場合衆国2011に行って来ました

image-20110731205625.png

image-20110731205642.png

image-20110731205702.png

image-20110731205721.png

image-20110731205738.png

image-20110731205805.png

image-20110731205823.png

公式サイトはこちらです。
posted by ジャック at 21:07| Comment(5) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

SalyuのLIVE

少し前になりますが、お台場合衆国2011に行って来ました!

目的はSalyuのLIVE!
image-20110731204537.png

前から二列目でめちゃめちゃ近くで聴けて言う事無し。

めっちゃ楽しかったです。

今回の為に聴き込んだ「青空」を一緒に唄えて、気持ちよかったです!

posted by ジャック at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Journey | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

女子日本代表ワールドカップの優勝について

2011年7月18日(日本時間)女子日本代表がワールドカップにおいて優勝しました!
wwc2011.01.jpeg

この結果は本当に偉業であるとしか言いようがありません。

個人的な夢として、生きているうちに日本代表がワールドカップで優勝するところを観たいと思っていました。

確かに、女子と男子の違いはあります。

しかし、それでも少しは明日死んでも、あの世で話すネタができたことは間違いありません。

今大会が始まる前に、日本は優勝できる可能性があるとは言われていましたし、
個人的にもファイナル乃至はセミファイナルにまで食い込む可能性はおおいにあると思っていました。

ただ、「可能性がある事」と、「実際に成し遂げる事」との間には
大きな大きな差がある事は誰もが否定しない事であるとおもいます。

今回のワールドカップはほとんど観ておりませんでしたが、
聞く限り評判は上々。
ボールポゼッションを高めての攻撃的フットボール。
もちろん早めの厳しいプレス。

そんなフットボールで勝ち上がった彼女達には絶句いたします。

彼女達の練習環境は決して恵まれていないでしょう。

昼は普通に働き、夜は練習。

休みもなく、普通の遊びも出来ない。
それに加え、周りの目は「好きなフットボールが出来て良いね」という
悪意がないだけに、罪深き感想を投げかけてくるというもの。

そんな中、彼女達は今回のゴールを奪う為に、
何千回何万回もシュートを打ち、パスの練習もしてきたのである。

1人敵をかわす為に行ったドリブルの練習は果てしなく長い距離を走ってきたからこそのもの。

すぐに彼女達をプロにしてくれとは思わない。
すぐに彼女達が高給取りになれとも思わない。

ただ、今回の大会で少しでも彼女達のプレーにシビれたのであれば
実際に試合を観に行って、少しずつでも彼女達の練習環境が良い方向になるように
みんなで応援できたらとは思うし、
彼女達がほんの少し羽根を伸ばした姿を
おもしろおかしく批判するのは全くの間違いであると、声を大にして言いたいのである。

今後出てくるであろう将来の素晴らしいプレイヤーに期待もしつつ、
今回望外の喜びを感じさせてくれた偉大な彼女達に敬意を表したいと思う。

posted by ジャック at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

六本木界隈

六本木に行った時の恒例のコースとなりましたが、

国立新美術館のあとは東京ミッドタウンを散策。
image-20110710110343.png
いつもながら、いい雰囲気なんですよね。
楽しい建物です。

その後は六本木ヒルズ
image-20110710110400.png

セールをやっていた事もあり、色々お店を巡りました。
しかし、下の写真にあるように、この「先が見えないラビリンス感」がたまりませんな。
image-20110710110416.png

歩き疲れましたので休憩です。
やはり楽しい街ですね、六本木。
夜は夜でまた違った一面の顔になる街ですしね•••( ´艸`)
image-20110710110432.png
posted by ジャック at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Journey | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展

ワシントン・ナショナル・ギャラリー展
印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション

に行って来ました!
image-20110710105646.png

場所は国立新美術館
image-20110710105724.png

以前も言いましたが、美しい建物ですねぇ( ´艸`)
image-20110710105753.png

暑かったので、鑑賞する前に美術館の中のcafeで休憩しました。
image-20110710105815.png

今回は東京メトロに乗っていったんですが、
乃木坂駅から美術館まで直結してるんですね!?
これは便利でした。
直結具合は下の動画をご覧ください。
地下鉄のエレベーターを上がると専用入り口なんですよ!


展覧会の感想といたしましては、
正直、オールスター級の作品のオンパレードですよ!
オンパレード!


個人的に好きなモネやルノワールは言う事なしで、
両者の作品は本当に圧倒的でした〜〜!!


その他にも
メアリー・カサット 《青いひじ掛け椅子に座る少女》
は好きな作品でしたので、これを生で観れたのには感動せざるを得ませんでした。
メアリー・カサット《青いひじ掛け椅子に座る少女》.jpeg

その他にも
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック 《アンバサドゥールの粋な人々》は良かったです。
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《アンバサドゥールの粋な人々》.jpeg

そして、何より
ゴッホ《プロヴァンスの農園》
の前に来た時に震えましたよ。
ゴッホ《プロヴァンスの農園》.jpeg
この画像では伝わりにくいかもしれませんが、
空の色が本当に本当に美しいんですよ。
あまりの美しさにクラクラしちゃいましたよ。
出口にさしかかった時、あまりにもう一度観たくて、
もう1回観に戻ってしましました( ̄▽ ̄;)


本当に素晴らしい作品を直に観られる機会ですし、
その作品数も多数ありますので、
ぜひぜひ行かれる事をお勧めいたします!!!

公式サイトはこちらです。

image-20110710105841.png
posted by ジャック at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Journey | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

三軒茶屋界隈

先日、三軒茶屋界隈に行って来ました。

image-20110703185630.png

イメージとは違いましたが、散策し甲斐のある街でした。

この街だけでも色々遊べてしまえそうな街で、
歩行者天国もあり、フリーマーケット的なお店が並び、
かわいい雑貨屋さんもある。

そんな街でした。

街の活気に煽られて、気づけば沢山買い物をしてしまいました(^-^;)

image-20110703185728.png
posted by ジャック at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Journey | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。